建物の耐震性をチャックするには平板載荷試験を受けよう

女の人

見直される井戸水

ネットワーク

水道が普及し、ご家庭用の井戸は使われなくなりましたが、震災以後、見直されています。家庭菜園、庭木への散水用として水道料金の削減に貢献し、災害時には防災用井戸として活躍します。さく井工事も電動モーターを使用し静音工事が実現可能です。

もっと読む

建物が建っている土地

IT

地盤調査をするにあたって、すでに建物が建てられている土地であっても調査は可能です。人間でも感知できないほど小さな人工地震を起こして測定する表面波探査という方法を使うためです。もちろん、建物に影響はありません。

もっと読む

長く家に住む

女の人

地質調査はボーリングマシンや人工的な地震を起こし、その土地の質を調べるものです。家を新築する時には多くの方が行なっています。その土地が家の重みに耐えられない状態で、家を建ててしまうのはそのうち家が傾いてしまうのでとても危険です。それを防ぐためには大切なことです。

もっと読む

重要な検査です

男の人

信頼できる測定を

平板載荷試験は、地盤調査の1種で、地盤の支持力を判定する試験です。通常は基礎を設置する深さまで掘削し、実際の建物の重量に見合う荷重をかけて、沈下量を測定します。その土地が建築に耐えられるかをみる、基礎工事前の重要な検査です。平板載荷試験のメリットは、試験がスピーディに行えるため、あまり時間をかけずに調査できることです。ただ、重機やトラックなどを乗せるために、ある程度の広さが必要になります。基礎が深ければ、それだけ掘削の深さも増すので、それなりの準備が必要になります。地震が頻発している影響で、平板載荷試験の重要性が増しており、ニーズは高まっているところです。平板載荷試験を専門に行う業者もあります。

業者に依頼しましょう

平板載荷試験を行うなら、地盤調査を専門に行う業者に依頼することをおすすめします。平板載荷試験は、耐震性にかかわる非常に重要な試験になるため、厳密な調査が必要です。平板載荷試験を行う業者は、専門のスタッフが試験位置の選定、試験地盤面の整形および養、載荷板の設置、載荷装置の組立てをプロのノウハウを駆使して行ってくれます。プロフェッショナルでなければ、位置の選定さえ、正しく行えるか危ぶまれ、結果として信用性の薄いデータとなってしまいます。載荷装置には、いくつかの条件が求められ、例えば計画最大荷重を上回ることが必要ですが、このような条件をすべてクリアすることが前提となります。業者は条件をクリアした正しい方法で測定を行ってくれます。結果報告と判定も信頼できます。