長く家に住む|建物の耐震性をチャックするには平板載荷試験を受けよう

建物の耐震性をチャックするには平板載荷試験を受けよう

文房具

長く家に住む

女の人

土地の状態が分かるもの

地質調査はその文字の通り、土地の質などを調べる調査です。そのやり方はボーリングマシンによって穴を開けて調べるものや、小さな人工的な地震を起こして波の速度を計測して調べるものがあります。地質調査が必要になるのは、新しく家を建築する時です。地質調査には建築費用とは別に費用がかかるため、家を新築する方の中には行わない方もいますが、せっかく建てた家を長持ちさせそこでの生活を長く送りたいのであれば行った方が良いです。土地というのは表面上は同じもののように感じますが、場所によって全く違います。今あるたちは昔は田んぼや畑で地盤が緩い状態だったかもしれません。川や沼だった可能性もあります。表面上は埋め立てられてわかりませんが、地質調査を行えばその中は何があったのか分かるようになります。

家を守るために

家を新築する時に一番初めに行った方が良いのが地質調査です。中にはやらない方もいますが、せっかく建てた家のことを考え行う方は多くいます。地質調査を行えばその土地の中身のことがよく分かり、その土地が家の重みに耐えられるかが分かります。家の重みに耐えられない場所にそのまま家を建ててしまえば、そのうち家が傾き住むことが難しかなってしまいます。そのようなことを防ぐためにはとても大切なことです。地質調査でその土地が家の重みに耐えられないことが分かったら、家を建てる前にその土地を重機などでひっくり返し家の重みに耐えられるように変えて行く必要があります。また分譲の土地の場合は場所を変えてくれるように申し出ることもできます。家の重みに耐えられない土地にそのまま建ててしまうのはとても危険なことです。